マタニティ・ヨーガ
マタニティ・ヨーガの効果

 マタニティ・ヨーガは、ハタ・ヨーガの中から妊娠中でも無理なく行えるものや、出産にむけてのからだづくりに適しているものを集めてメニューがつくられています。一般のヨーガよりさらにゆっくりした動きで、動作にあわせて呼吸をします。からだの動きや感覚(痛み)に意識を向けながら行うことも特徴です。「感じる」ということを、私はクラスで強調しています。ごちゃごちゃ頭で考えずに、とりあえず感じてみる。そうすることによって自分のからだや、おなかの中の赤ちゃんのことをわかる(実感する)ことができるようになります。この身体感覚なくしてヨーガは語れません。言われるままに手足をふり回して、形だけをなぞるラジオ体操とはまったく違うものなのです。

 お産は、からだでするもの。たとえどんなに知識があっても、妊娠中のホルモンのバランスの変化に対応できないこともあるし、陣痛が始まってからは頭で考えてもうまくことは運びません。からだにお任せするしかない。その、任せられるからだと心をつくる。これがマタニティ・ヨーガの目的なのだと思います。

 マタニティ・ヨーガは筋肉を柔軟にして、からだのバランスを整える働きがあります。とくに骨盤を開きやすくするポーズや、会陰を伸びやすくする運動、弛緩法など、お産に直接結びつくものが多いので、それによって分娩時間が短くなって安産を導きます。また、便秘や腰痛、むくみなど妊娠中の不快な症状を軽減または予防する効果があります。

 もうひとつ見逃せないのは、痛みに対する耐性を強化したり、心を落ち着けリラックスを高めるという効果です。始めてヨーガをやる人は、なかなか筋肉が伸びないので痛みを感じます。中には「痛いからもういや」という女性たちもいます。痛みを「好き」という人はいないけれど、陣痛は痛いのです。お産の痛みから完全に逃れるためには麻酔分娩以外方法はありません。でも痛みというものは、たぶんに不安や緊張によって増幅されるものです。痛みに対して「いやだ」という拒否反応を示すことによって、もともと1であるに過ぎない痛みが2倍にも3倍にもなって感じられます。しかし、その痛みを冷静に「見る」ことができるようになると、「なあんだ、痛いけれどけっこうのり越えられる痛みじゃない」と、感じることができるようになのです。

 これは心のもちようなのです。でも、これがやっかいなところで、頭で「痛くないと思えば痛くない」と考えていたのでは、やはり痛みは軽くなっていきません。からだを動かしながら、筋肉が伸びる痛みに気を向けていくうちに、今日のいや〜な痛みが明日には味わうことができるようになり、あさってにはもう少し軽減していく。「痛みを見る」「味わう」ということは、自分のそうしたからだの変化に気づいていくことでもあります。

 ヨーガは自分自身に気づくためのものだと、私は思っています。始めてやる人は「からだが硬いということがわかった」とよく感想をいいます。そういう自分に気がついたのです。次には「自分のからだのことなのに、あまりよくわかっていなかった自分」に気がつくでしょう。今日の調子はどうなのか。妊娠中の不快な症状は、いったいどこからくるのか。医師に相談すべきような急を要する症状なのか。自分でいたわり、安静にして様子をみることで、症状は改善するのか。そうした判断が、ヨーガをやり自分のからだに向きあうことでわかるようになっていきます。こうしたことは、その後、子どものからだをみて判断していかなければならない母親にとって、とてもいい訓練になります。

 さらに妊娠中のリラックス法、瞑想は胎児へいい影響を及ぼすにちがいありません。母親の心が平安であれば、おなかの赤ちゃんもとても気持ちいいはずだし、そうした意味では胎教にとても効果があるのです。


































×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。