マタニティ・ヨーガ
お産の呼吸法

お産のときの呼吸法は、鼻から入れて、口から吐く呼吸です。
ゆっくりした呼吸で、止めずになめらかに。
吐く息に意識を向け、吸う息は息が自然に入ってくるようにする。
十分に吐けば、息は自然入ってくるので、息を吸い上げないようにしましょう。
お産のときたくさん息を吸い込むと、酸素過多になり頭がくらくらすることがあるので要注意です。

 お産のときには、痛みや緊張から、からだをこわばらせたり、浅く早い呼吸になりがち。歯をくいしばって息を止めてしまう人もいます。これでは息苦しくて不安が高まり、緊張はさらにふくらんでしまいます。こうしたときにこそ、ゆっくりした吐き出す呼吸をすることによって、気持ちを落ち着かせリラックスしましょう。妊娠中から練習しておけば、本番でもゆっくりした吐き出しの呼吸で陣痛をのり越えることができます。

 陣痛はかならず波のようにやってきては引いていきます。これの繰り返しです。陣痛がきたときに呼吸法をして、陣痛がおさまったときには、ふだんどうりの意識しない呼吸に戻します。陣痛がないときに、いかにからだから力を抜いて、リラックスができるかが、長い陣痛の時間をのり越える決め手になります。陣痛が終わったら、ヨーガで練習してきたように、肩や背中、腕などから力を抜いてリラックスしましょう。

1.まず深呼吸
 陣痛の波がきたら、まず深呼吸を1回します。鼻からゆっくり吸って、鼻からゆっくり吐きます。

2.鼻から入れて、口から吐く
 次の呼吸から、鼻から入れて、口から吐きます。ゆっくりとした自分のリズムで。息は吸い上げないで、自然に鼻から入ってくるような感じです。吐く息に意識を向けましょう。
POINT〜お産のときは、緊張をゆるめるために鼻ではなく口から吐いたほうがより効果的。やりにくい人は鼻呼吸でもOK

3.最後に深呼吸
 陣痛の波が引いていったら、最後に鼻から吸って、鼻から吐く深呼吸をします。
 終わったら、元の自然な呼吸に戻り、全身の力を抜きましょう。
セットカウント
 陣痛を想定して、1分間やってみよう。はじめと終わりには必ず深呼吸しましょう。



































×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。