マタニティ・ヨーガ
瞑想

最後に頭をぽかーんとさせて、瞑想をしてみましょう。
忙しい毎日の生活の中で、おなかの中の赤ちゃんに思いをはせる時間はなかなかないかもしれません。ヨーガの瞑想は、ふだん明晰に働いている脳を休ませて、心身ともにリフレッシュする時間です。瞑想といっても難しいことはありません。
仕事のことや、スケジュールのことをいっさい忘れて、頭をぽかーんとさせて、おなかの中の赤ちゃんを感じてみます。ただそれだけ。とても簡単です。

1.あぐらで座り、おなかに手をあてる。
 あぐらの姿勢で楽に座ります。背筋を伸ばして、肩の力を抜きましょう。肩や腕に力が入らない位置で、おなかに手を当てます。

2.目を閉じて、頭をぽかーんとさせる。
 目を閉じて、ゆったり呼吸しながら、頭をぽかーんとさせます。おなかに手のぬくもりを感じながら、おなかの中の赤ちゃんを感じてみましょう。赤ちゃんをイメージしてもいいでしょう。
POINT〜顔は正面で、背筋もまっすぐキープ。背中がだんだん丸まってこないように注意しよう。

3.目を開けます。
 十分瞑想したら、ゆっくり目を開けます。おおきく深呼吸をしましょう。
セットカウント
 1分から5分。自分にあった時間で瞑想を楽しもう。



































×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。